amazonギフト券の詐欺には絶対気をつけて

アマゾンの公式サイトには正規ルート以外での購入における詐欺被害者が多いこと、保証はしないことなどがしっかりと明記されております。
ここでいう正規ルート以外というのはいわゆる個人売買やオークション、フリーマーケットやインターネット上のギフト券専門と称してギフト券を販売している闇業者です。
これらはamazonへの許可や承諾は一切とっておりません。
あくまでも勝手に行っている売買です。ですから、amazonギフト券の販売で利益が生じたとしてもアマゾンへの支払は行っていないということです。
つきましては起こりえるトラブルなども全て責任はないということなのです。
ここであげている起こりえるトラブルとはオークションや個人間においては代金を支払ったのにamazonギフト券が届かないとか、amazonギフト券を送ったのに代金の支払が無かったりという事が多々あります。
さらにはギフト券が送られてきていざアカウントに反映しようとした時にギフト券がすでに使用済みで残金がないといったものまで被害としてはあります。
また業者などにおいては手数料などの名目で小額を詐取する手法があり、小額を何度も取られるため騙されているという認識が本人にないまま買取を完了してしまうこともあるそうです。
というのもギフト券などの買取業者はホームページに換金率や還元率といった表記で記載されていることが多くあります。
その表記の内容は全て高い数字となっていますが、実際にamazonギフト券の買取をお願いするとまったく違った金額しか振り込まれなかったという被害もあります。
例えば1万円のギフト券を買取してもらう場合に公式サイトの記載通りであれば8,500円が振り込まれるはずなのに6,700円しか振り込まれなかったりと言う具合になります。
しかし業者に問い合わせてみると銀行の手数料や時間外振込みや時短手数料などと事前に説明も無い名目などでせしめることが多いようです。
ですのでギフト券買取の店舗などを利用したいと考えているのであれば絶対に事前に確実な換金率を確認したほうが良いはずです。
それでも業者の対応がゴニョゴニョ煮えきらない様なら迷わずキャンセルしましょう。
そんな業者に期待できる結果は望めません。

買うならヤフオクでamazonギフト券を手に入れよう

amazonギフト券の購入は基本amazon.jpの公式サイトでの購入となります。
つまり、百貨店で言うところの伊勢丹で買って伊勢丹で使うといったところです。
アマゾンでしか使えないのですからアマゾンでしか買えないと思いますが、通常アマゾンギフト券の販売価格は値段に関係なく利用できる金額と同等です。
しかし、一部のヤフオクやヤフーショッピングなどでは同等ではない値段で販売されているようです。
ヤフーショッピングではポイント還元サービスもあることから利用金額以上での値段がつけられております。
また、購入に当たってもポイントの利用が可能なため、現金での購入でなければ十分お得だと思えます。
しかし、更に上を行くのがヤフオクです。
ヤフオクでは1番安価なもので9割近い金額で出品されてることも珍しくはありません。
もちろん有効期限が近ければ近い程割引率が高くなる傾向にあるため、利用する目的がきまっているのであれば有効期限が近いものを選択することが有効です。
しかし、落札日と有効期限を確かめないと落札した当日が有効期限だったりすると大変です。
また、実際に利用するには自身のアカウントに反映しなければ利用する事が出来ません。
もちろんamazonギフト券はリアルタイムで反映されますので心配は要りませんがネット環境の不具合なども考えられますので気をつけましょう。
有効期限が切れてしまってはギフト券の買取業者も買取ってはくれませんからね。

アマゾンギフト券の買取をしようとして騙されたからやめておけ!

amazon.jpで利用することの出来るアマゾンギフト券。
このギフト券は現金に換えることのできるギフト券となります。
そもそも商品券や図書券などお金ではないけど同等の価値を持っているものはお金に換えることができます。
でもその換金方法は金券ショップに持っていくということになります。
金券ショップがそばにあればよいですが、わざわざ交通費を掛けて換金しに行くのは馬鹿馬鹿しいと思いますよね。
なのでアマゾンギフト券の現金化はインターネットで業者に申し込めば自宅にいながら自身の口座へ現金が振り込まれるサービスになります。
ですがアマゾンギフト券買取業者は全てが憂慮店というわけではありませんので非常に注意が必要です。
私自身の感想ですが約3割が詐欺業者と思って間違いないと思います。
まず、最初の手法として買取業者んとコンタクト取った時点でギフト券番号を即聞かれます。
これに対応して送ってしまったりしてはいけません。
場合によってはギフト券の確認写真と称して画像を送らせてギフト券の番号も一緒に写っているものを送ってしまってそのままギフト券を使われてしまうことがありました。
その際は相手から申し込みができませんと連絡が来て、ギフト券が使われていると言われ一方的にキャンセルされます。
絶対に使っていなかったので調べてみるとすでに別のアカウントへ反映された後でした。
2日~3日前までは使える状態だったのに、業者へ写真を送った直後に利用されてしまったのですぐに確信しましたがどこにも訴えることができません。
amazon.jp自体も公式に購入できるルート以外からの購入を許可していないことや他人への売買は認めていないこともあり泣き寝入りするしかありません。
もとより証拠といわれるものは何一つないですから。
また、amazonギフト券の買取が成立して入金されても想定される金額での入金ではない場合があります。
それは入金先の口座が違うので手数料を取られたり、時間別対応といわれたこともあります。
そんなものは優良店ではありません。
また、ギフト券の金額により換金率が表記より安くなることも良くある手法です。
ですから、ギフト券の換金を申し込む際には必ず換金率を確認しましょう。
確認するときはいくらのギフト券だから何パーセントになるのかまで具体的に言いましょう。
こういった中でも注意して現金化を行うようであれば自由にやってください。
ですが、私はおすすめしません。
もし、少しでも不安要素があるのでしたら面倒ですがオークションや商品を購入して売ってしまったほうがリスクは低減されます。

海外で利用できないからアマゾンギフト券を買取してもらう

 

アマゾンのネットショッピングサイトは世界にあります。
もちろん、運営自体は同じですが日本版やアメリカ版のように分かれております。
わかれているからこそ、それぞれにキャンペーンや安くなる商品も違います。
ですからに日本版で買うよりもアメリカ版で購入した方が安かったということもまれになります。
それがamazon転売で稼げた方法です。
現在ではどうなっているかはわかりませんが昔ではこれで生活できた人がいるくらいです。
その中で疑問視されていたのはamazonギフト券が購入した国でしか利用できないシステムになっているという事です。
理由はいくつかあると思いますが、為替の問題や世界のどこにでも換金手数料もなく渡せるルートになってしますからという事があげられるでしょう。
現在ではビットコインなどのネット上で使われる仮想通貨がいくつもあるので今後は利用できるようになる可能性もあるかもしれません。
しかし、現状では日本で買ったamazonギフト券をアメリカのサイトで利用することはできません。
ですから、安い商品があって購入して日本で売ろうと思ってもギフト券では買う事ができないのです。
しかも有効期限がある訳ですからいくら安くギフト券を手に入れたからといって儲かる保証はありません。
ではそうなったときの対処法として、アマゾンギフト券を専門に売買しているサイトや買取業者があるのです。
とくに専門の買取業者は自宅のパソコンと自身所有の口座があれば家から出ずして手続きが完了してしまいます。
もちろん、その手数料は掛かりますが有効期限が切れてしまって価値がなくなると考えれば、もしくは必要でもないものを購入して転売するという手間を考えれば高くは無いはずです。