ギフト券の買取自体に違法性はありませんか?それが知りたい

amazonギフト券買取について、商品券を現金に交換するという行為が法律に反しているのではないか?と心配する方も少なくないでしょう。

 

ギフト券・商品券などの金券買取サービスは、いわゆる古物商の取り扱いの範疇に入ると法律で定めている事から、結論を言いますと換金すること自体には違法性が全くありません。

 

また売買の内容に関しても、貸金業法の様な利息制限法にあたる法律がありません。買取価格はあくまでも両者の合意の元で取り決めても良いルールになっています。

 

ですが、売買の際は買い手側が古物商の取り扱い業者でなければいけません。そこで営業許可証の提示が義務付けられていて、それができない業者は違法業者ですから気を付けてください。

それから売却した方への法的な罰則規定というものも基本的には存在しません。もらったギフト券や使いきれなくて余ってしまったギフト券を、amazonギフト券買取で売却しても何の問題もないのです。

 

ですが、換金目的のためだけに購入した事実が発覚した場合に、クレジットカード規約違反・アマゾン規約違反・携帯キャリア規約違反に抵触する可能性がある事は知っておきましょう。

 

この違反処置としては、各サービスの利用停止か損害賠償の処分が適用されます。

買取サイトで振込までの時間を早くしてもらう方法

amazonギフト券買取サイトはネット上に数多くありますが、申し込みから入金までのスピードが早いのは大きな魅力です。

 

しかし、「最短5分で振込」や「10分以内に振込完了」などと宣伝するamazonギフト券買取サイトを利用しても、実際は数時間以上かかったりします。

 

そこで、本当に入金までのスピードを早くするためのポイントを紹介します。

 

amazonギフト券買取サイトに買取依頼をする時に、入金までの時間を早くしてもらえないか電話などで直接交渉するのは意外と良い方法です。

「他サイトと迷っているがすぐに入金してくれるなら貴サイトにお願いしたい」などと持ちかければ、通常よりスピーディーに手続きしてくれるサイトもあります。

 

また、いくらamazonギフト券買取サイト側が努力しても、銀行口座への入金には時間的な制約があります。

 

それがスピーディーな入金を妨げることにもなるので、なるべく早く入金してもらいたいのであれば、スピーディーな入金が可能なネットバンクの口座を持っておくべきです。

 

ネットバンクなら24時間365日の振込にも対応しているところがあります。

 

土日や夜間などでもお金が必要な時にすぐに入金してもらうには、ネットバンクは不可欠です。

なお、買取依頼するamazonギフト券はEメールタイプであることも重要です。

 

ほかのタイプのamazonギフト券に比べてEメールタイプが最も早く手続きができます。

買うならヤフオクでamazonギフト券を手に入れよう

amazonギフト券の購入は基本amazon.jpの公式サイトでの購入となります。
つまり、百貨店で言うところの伊勢丹で買って伊勢丹で使うといったところです。
アマゾンでしか使えないのですからアマゾンでしか買えないと思いますが、通常アマゾンギフト券の販売価格は値段に関係なく利用できる金額と同等です。
しかし、一部のヤフオクやヤフーショッピングなどでは同等ではない値段で販売されているようです。
ヤフーショッピングではポイント還元サービスもあることから利用金額以上での値段がつけられております。
また、購入に当たってもポイントの利用が可能なため、現金での購入でなければ十分お得だと思えます。
しかし、更に上を行くのがヤフオクです。
ヤフオクでは1番安価なもので9割近い金額で出品されてることも珍しくはありません。
もちろん有効期限が近ければ近い程割引率が高くなる傾向にあるため、利用する目的がきまっているのであれば有効期限が近いものを選択することが有効です。
しかし、落札日と有効期限を確かめないと落札した当日が有効期限だったりすると大変です。
また、実際に利用するには自身のアカウントに反映しなければ利用する事が出来ません。
もちろんamazonギフト券はリアルタイムで反映されますので心配は要りませんがネット環境の不具合なども考えられますので気をつけましょう。
有効期限が切れてしまってはギフト券の買取業者も買取ってはくれませんからね。