ギフト券の買取自体に違法性はありませんか?それが知りたい

amazonギフト券買取について、商品券を現金に交換するという行為が法律に反しているのではないか?と心配する方も少なくないでしょう。

 

ギフト券・商品券などの金券買取サービスは、いわゆる古物商の取り扱いの範疇に入ると法律で定めている事から、結論を言いますと換金すること自体には違法性が全くありません。

 

また売買の内容に関しても、貸金業法の様な利息制限法にあたる法律がありません。買取価格はあくまでも両者の合意の元で取り決めても良いルールになっています。

 

ですが、売買の際は買い手側が古物商の取り扱い業者でなければいけません。そこで営業許可証の提示が義務付けられていて、それができない業者は違法業者ですから気を付けてください。

それから売却した方への法的な罰則規定というものも基本的には存在しません。もらったギフト券や使いきれなくて余ってしまったギフト券を、amazonギフト券買取で売却しても何の問題もないのです。

 

ですが、換金目的のためだけに購入した事実が発覚した場合に、クレジットカード規約違反・アマゾン規約違反・携帯キャリア規約違反に抵触する可能性がある事は知っておきましょう。

 

この違反処置としては、各サービスの利用停止か損害賠償の処分が適用されます。

コメントを残す