amazonギフト券の詐欺には絶対気をつけて

アマゾンの公式サイトには正規ルート以外での購入における詐欺被害者が多いこと、保証はしないことなどがしっかりと明記されております。
ここでいう正規ルート以外というのはいわゆる個人売買やオークション、フリーマーケットやインターネット上のギフト券専門と称してギフト券を販売している闇業者です。
これらはamazonへの許可や承諾は一切とっておりません。
あくまでも勝手に行っている売買です。ですから、amazonギフト券の販売で利益が生じたとしてもアマゾンへの支払は行っていないということです。
つきましては起こりえるトラブルなども全て責任はないということなのです。
ここであげている起こりえるトラブルとはオークションや個人間においては代金を支払ったのにamazonギフト券が届かないとか、amazonギフト券を送ったのに代金の支払が無かったりという事が多々あります。
さらにはギフト券が送られてきていざアカウントに反映しようとした時にギフト券がすでに使用済みで残金がないといったものまで被害としてはあります。
また業者などにおいては手数料などの名目で小額を詐取する手法があり、小額を何度も取られるため騙されているという認識が本人にないまま買取を完了してしまうこともあるそうです。
というのもギフト券などの買取業者はホームページに換金率や還元率といった表記で記載されていることが多くあります。
その表記の内容は全て高い数字となっていますが、実際にamazonギフト券の買取をお願いするとまったく違った金額しか振り込まれなかったという被害もあります。
例えば1万円のギフト券を買取してもらう場合に公式サイトの記載通りであれば8,500円が振り込まれるはずなのに6,700円しか振り込まれなかったりと言う具合になります。
しかし業者に問い合わせてみると銀行の手数料や時間外振込みや時短手数料などと事前に説明も無い名目などでせしめることが多いようです。
ですのでギフト券買取の店舗などを利用したいと考えているのであれば絶対に事前に確実な換金率を確認したほうが良いはずです。
それでも業者の対応がゴニョゴニョ煮えきらない様なら迷わずキャンセルしましょう。
そんな業者に期待できる結果は望めません。

コメントを残す